畑では、カンロマクワウリ第一弾が発芽していたので、
 DSCN8000

第二段の播種。
 DSCN8002

今回は、ウリハムシ対策で、あえて周囲に草を残した状態で蒔きました
 DSCN8003

同じく、ズッキーニも発芽してたので、第二弾播種。
 DSCN8006

 DSCN8007

 DSCN8008

キュウリも第一弾が発芽してたので、
 DSCN8010

第二弾播種。
 DSCN8011

ニガウリも発芽。
 DSCN8012

第二弾播種。
 DSCN8013

小玉スイカも発芽
 DSCN8009

ツルムラサキの支柱を立てて、午前の作業、終了
 DSCN8014

午後は田んぼの見回り。
川の水が少ない…その理由を、夕方、知ることになります。
 DSCN8016

午後は、畑人講座で、まずは、去年、収穫したラッカセイの中から、種用に残していたものの殻を割って、種を取り出します。
 DSCN8017

畑を巡ると、赤シソがこぼれ種で発芽してる
 DSCN8018

ニンジン周りの草刈り👌
 DSCN8019

日本ホウレンソウは、トゲトゲの種を結びつつあります。
これが枯れたら、種を採ります
 DSCN8020

テントウムシくんは、いつ見ても、オシャレですネ~
 DSCN8021

エダマメ播種。。。
 DSCN8022

ツルムラサキ播種。
 DSCN8023

夕方、田んぼで、黒米の苗代の草取りしていた時、お隣の畑の方が来て、この川はポンプアップしているので、水を使う時は、知らせてくれれば流しますよと、教えてくれたのでした…
こういうことは、田んぼを始める前に、しっかり確認しておくことでしたが、すでに、苗も育ちつつある今、この川の実態を知ったので、それに応じた米作りをしなければと思いつつ、まあ、これも新たな体験ができると前向きに受け留めて、日が暮れた田んぼを後にしました
 DSCN8026