最後の夏の晴天の日、今季最終の阿寺渓谷ツアーに出かけました。
渓谷入口から林道歩いて、最初の淵に到着
 DSCN0886

まだ水に浸かるには寒いので、石投げに夢中になる男子たち
 DSCN0893

さらに上流へと、いくつかの淵を眺めながら林道を進みます。
 DSCN0898

次の淵では、大分日が高くなってきましたが、まだ全身浸かる気にはなれず、
 DSCN0908

水辺で、まったりして次の淵へ。
 DSCN0911

さあ、ここで、泳ぐぞー
 DSCN0926

 DSCN0929

 DSCN0938

 DSCN0939

この煌く淵へ、飛び込むぞー
 DSCN0925

 DSCN0943

3回転捻りの大技
 DSCN0941

ぼくも、ドボーン
 DSCN0937

水から上がって、暖かい岩に張り付いたり、腹ごしらえをしてから、最後の淵へ。
 DSCN0947

今回、最奥の淵で、一番深いブルーで、すぐ脇に滝があって、迫力がハンパナイです
 DSCN0954
 
泳ぐには、日がすでに陰っていたので、大岩の上で横になったり、
 DSCN0966

間近に落ちる滝の流れを眺めたり、大自然の波動を全身で体感して、今回の締めくくりとなりました。
 DSCN0973

今回は、平日と言うこともあって、各ポイントはほぼ貸し切り状態で、思う存分楽しむことができました。
オマケは、林道を歩いている時に、渓谷を管理をされてる方が大声で、「今、そこにクマが出没してるから、早くこっちに来て!」と呼ばれ、林道脇の木を見ると、まさにクマの親子が木から降りてくるところでした
野生のクマを初めて見ました。
参加者のみなさんもそれぞれ楽しまれたようで、あの深いブルーと、水の冷たさと、滝の迫力など、日常では体験できない大自然の波動と一つになった体感は、いつまでも身体の中心に響き続けることでしょう☆彡