雄大な八ヶ岳を望む自然農畑は、霜除けのトンネルの下に、寒さに強い葉物野菜が4~5種類残すのみで、畑での作業は収穫くらいで、冬の農閑期を迎えています。
農的な作業としては、のんびり秋に採った野菜や豆の選別や調整したり、ヘチマたわしを作ったり、その他、縄文小屋でまったり焚き火を囲んでお茶しましょ🔥 畑で収穫した野菜や豆などで、Cooking♪&ゆーごはん❤ 発酵乳酸菌風呂で温まっておやすみなさーい🌠
翌朝、ランチボックスを持って、スノーシュー・ツアーにGo!! 
動物たちの足跡が残る雪の森、凛とした真冬の森の空気を肌に感じて、サクサク雪を踏み締めて、山頂付近からは、山々の大展望を堪能して、私の身体も宇宙のリズムにチューニング☆彡
下山後は、温泉にまったり浸かりましょう♨

【日程】:①富士見台高原コース 2/20(水)~21(木)、その他ご希望の1泊2日(前夜泊、または、早朝集合の日帰りで、山のツアーのみも可)にてお受けしています。また、野風草~現地のルート上でピックアップが可能な場合もあります。

【スケジュール】 コースにより、多少前後します。
 1日目:14:00 野風草集合、軽い農作業、ヘチマたわし作り、縄文カフェなど、料理実習・夕食、お風呂
 2日目:朝食(自家製豆乳ヨーグルト・ショウガ番茶など)、6:30出発、9:00~15:30 登山・森歩き、16:00 温泉入浴、17:00~18:00夕食(外食)、20:00ごろ野風草解散(野風草に宿泊可)

【コース】
 ①富士見台高原(下伊那郡阿智村、1,739m)
 登り3:30、下り2:30ほどで、中程度の傾斜の登り下りで、積雪やその場の状況に応じて、軽アイゼン、スノーシュ(ワカン)など利用します。山頂付近からは、東に長大な南アルプス、北には中央アルプス、南には間近に恵那山、西には御嶽・乗鞍・北アルプス、そーして遠くに霊妙な白山連邦の大展望が広がっています。 
 ②位山(高山市、1,529m)こちらのコースは、一度、下見をしてからの募集になります。
 モンデウススキー場から登って、広葉樹の森の稜線を歩いて、途中おいしい湧水を汲んで、山頂付近からは、御嶽、乗鞍、白山の雄大な眺めを楽しめますが、日本海側の気候の影響が強いため曇天が多いので、実施の有無はお天気次第になります。無積雪期よりも多少時間がかかって、登り3時間、下り2時間ほど。

【定員】:2~3名(日帰り参加者のみの場合は最少催行人員3名)、ただ今前夜泊・日帰り各1名ずつ参加予定がありますので、あと1名お申し込みがあれば実施します。

【参加費】
 ①18,000円(往復高速利用) 温泉代・外食代は各自でご負担願います。初日の夕食から、または泊まりからの場合はそれぞれ割引します。2日目の日帰り参加の場合は、弁当持参で、10,000円。

【持ちもの】
作業着(農作業用、上下長袖・長ズボン)、軍手(薄手のもの)、防寒着(手袋・帽子・靴下)、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(傘・登山に使えるカッパ上下)、水筒(2つ、水とお茶用)、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、ヘッドランプ、非常食(ナッツ、ドライフルーツ、チーズ、せんべいなど)、あればクマ避けの鈴、その他個人携行品、長靴は23~28cmはお貸しできます。スノーシュー(カンジキ)、軽アイゼン、スパッツ、ストック、サングラス、防寒ウエア

画像は去年の2月の富士見台高原です⛄
スタートは、踏み締められた圧雪の状況だったので、ツボ足(靴のみ)で参ります👌
 DSCN2066

 DSCN2079

 DSCN2101

高原エリアの登りが一部凍結していたので、4本爪のミニアイゼン装着
 DSCN2102

 DSCN2105

山頂からの眺め
御嶽山方面
 DSCN2109

中央アルプス方面
 DSCN2111

南アルプスの山並み
 DSCN2113

恵那山
 DSCN2121
 
強風なので、こんな格好です❄
 DSCN2117

 DSCN2119