昨年の5月下旬、新緑の盛りの頃、初めて歩いた森ですが、今回は積雪期に訪ねました
地元の役場に事前に問い合わせたところ、登山口の駐車場まで車で行けるとのことだったのですが、言い間違いか、聞き間違いか、駐車場の手前2.5kmの林道の入り口に、伐採した木々が倒れ込んでいて、それ以上進めず、仕方ないので、別の最短ルートを探して、集落の端からスノーシューとカンジキを履いて、歩き始めました😅
ここからスタート
 DSCN2205

しばらくは、農道を進んで、
 DSCN2209

林道に出たところで、ウサギの足跡発見🐰
 DSCN2210

1時間20分ほどで、登山口の駐車場に到着
 DSCN2211

ここで、ランチタイム
 DSCN2212

水木沢天然林に分け入ります
 DSCN2219

針葉樹と広葉樹の混交林🌲🌳
 DSCN2221

迫力の大ヒノキ
 DSCN2223

大きなブナ
 DSCN2227

森の奥へと。。。
 DSCN2230

森のど真ん中で、一服☕
 DSCN2234

気持ちのいい森です
 DSCN2237

先頭さん、踏み跡のないところを、ご苦労様です
 DSCN2240

 DSCN2243

このくらいは、沈んだりします
 DSCN2241

木曾駒を眺める展望台で、最後の休憩
 DSCN2250

さて、戻ろう
 DSCN2253

大サワラ、でかい
 DSCN2259

農道に出て、見上げる空に、月がポッカリ浮かんでました
 DSCN2263

太陽が山の端に隠れようとする頃、彩雲が薄っすらと見えました🌈
 DSCN2266

結局、予定より余計に2時間、農道と林道歩きが加わって、全部で6時間の行程になりました😅
新緑とは全く異なる森の表情を体感することができて、みんなで、滑ったり、転んだり、埋もれたりしつつ、たっぷり一日、雪の森を全身で堪能しました