木は、根の成長に応じて幹と枝葉も大きくなって、やがてその時が来て、それらに相応しい実を着けます。

一方、人は、根や幹・枝葉もろくに育っていないのに、または環境の影響で萎縮しているのに、それに気付かず、または無視して、世間様に合わせて、大きな実をもっともっとと得ようとするから、コケルのです。

言葉を変えれば、目に見える領域(顕在意識)の思考・感情だけに振り回されて、エゴや損得や勝ち負けに終始すると、いつまでも不安や不足を感じることになるのでしょう。

その下にある膨大な潜在意識に深く根を下ろして、宇宙自然の波動と同調すれば、「私=宇宙」ということになって、わざわざ「自分の物」にする必要や欲望が消えるんじゃないかと思うのです。

以上、今朝、浮かんだことでした…☆