来年は、日本人にとって、覚悟と決断と行動の年か
社会も個々人もより明らかになるでしょう

2015/12/29(火)2  今に始まったことじゃないが…
日本? 日刊ゲンダイ 「KK」氏のツイートから引用掲載。
「日本の大新聞は殺人政府の側に立って国民を殺戮するのを手伝っている」
「国家が国民を見殺しにしているのに、それを新聞が隠蔽し続ける狂気」

これが現在のニッポンの実態を正確に表現した文章。

こうして日本民族は、放射能と国家とマスコミに殺されてゆくのでした。
あ、医療も無理やり「癌患者」をデッチアゲて殺してる。病院行くな!
おわり。
飯山 一郎
2015/12/29(火) クレムリン近くの巨大な電飾。でかすぎるロシア!
日本? Kremlin
クレムリン近くの巨大な電飾。ロシアの地図で、クリミアとカリーニングラードがひときわ明るく輝く。
一方で、北方四島はおろか千島列島も無い。
ロシアの普通の人たちにとっては「意地がかかる」場所ではないということなのかも。 (駒木明義氏のツイ)

本年末のロシアには、「2016」 という電飾看板が異常に多い。

2016年。日本は、一体どうなってしまうのか?
「日本」が消えてしまう可能性まであるのに…、ロシアはどうだ?
夢と希望の2016年 だ。

まったく牛~! うらやまし~! 鼠~か、うらめし~!

しかし、他国を羨ましがるのは、E~加減にしたい。
ニッポンは、いまが最後のフン張りどころだからだ。
ど~したらE~のか?

先ず!である。
何よりも先ず、2016年が「ニッポン最後の年」だと自覚すること。
実際そうなるのだから、そう自覚し覚悟した人間が最強になる!

自覚し、覚悟を固めたヒトが行うべき仕事、生き方を以下に書く。

さて、何をするにも基本は健康だ。カネとか仕事は二の次だ。
だっから2016年は、正月元旦、朝一番から健康づくりだ。

湿度が85%以上だったら、除湿機を回した部屋にこもること。
そうして部屋の中で、柔軟体操に、その場駆け足で汗をかく。
汗は、その場足踏み(その場ウォーキング)で蒸発させる。

合間にあらびき茶をガブ飲みする。これで野菜は不要になる。
あらびき茶だけでミネラル分も充分だ。腸内細菌も激増する!

激増した腸内細菌は、タンパク・脂肪の塊(かたまり)だということ!
この腸内細菌の死骸を栄養源にすれば、食事は不要になる。

ワシは、あらびき茶をダテに宣伝してるのではない。
あらびき茶の利益は、雀の涙か、燕の目やに。
だが効能は、恐竜の咆哮だ。 ものすごい!

ためしにドロドロになるほど濃くしたあらびき茶を飲んでみて!
1時間後には、心身(心とカラダ)が、爽快そのものになるから!
「そうかい!」 な~んて言ってないで、ヤってみて!

おっと、本題は“健康”だった。
健康とは免疫力だ。 これっきゃない! 分かるね?!
で、健康に自信がついたら、仕事だ。これは沢山ある。
仕事つっても勤め先の仕事ではない。自分だけの仕事だ。

先ずは身の回りの整理。これは、不要なモノを捨てることだ。
捨てて、棄てて、捨てまくって…、とにかく身軽になる!
2016年は、余計なモノどころか、一切買わない!これが目標。

そうして、海外に行く! そういう覚悟を固める。

ただ海外に行けばE~ってものではない。
海外に行くときは、たとえば小カネ持ちと一緒に行く。
そ~して、小カネ持ちが海外の銀行に口座をつくる手伝いをする。
そのとき小カネ持ちの現金を預かって海外に運ぶ手伝いもする。

上の“仕事”はほんの一例だが、こういう“仕事”が沢山ある。
海外の治安の良い街に借り家を見つけてあげる仕事もある。
究極は…、たとえば中国の無人都市を丸ごと借りる!という仕事。

放射能を怖がって海外に逃げるのではなく、海外雄飛!
壮大な夢と、雄大な野望をもって、日本人が海外に雄飛する!
そのための拠点となるオフィスを、ワシは広州・上海につくる。
委細は、順次、この『てげてげ』に書いてゆく。

少年も老人も…、いや! 日本人全員が大志をいだく!
そういう2016年にしようぜ!>皆の衆
飯山 一郎
http://grnba.jp/