野風草

《野風草》とは、「野に吹く風にそよぐ草」。八ヶ岳南麓にて、1997年より21年目に突入(^^♪、自然農・料理・農産加工・自然体験・整体の実習を中心に、自然に沿った暮らしと遊びの体験スペースとして、お一人様から日帰り・宿泊体験ステイをお受けしています。 お日様がサンサンと、風がソヨソヨと、水がサラサラと、そして生きとし生けるものたちがキラキラと命輝く新しい世界の創造に向けて☆

今シーズンの通年コースのスケジュールが決まりました。以下、ご覧ください。通常の体験ステイは、いつでもお受けしています。

体験内容は、畑での自然農作業、農的暮らしに関わるちょっとした手仕事、八ケ岳・南アルプス山麓の森歩き・渓谷散策、川遊び、登山、庭にある縄文小屋で焚き火、コナラ林のハンモックでゆらゆら、料理・農産加工実習、八ケ岳・南アルプス・富士山の雄大な眺めを望みながらの朝のお散歩とご来光・太陽凝視、豆乳ヨーグルト・米のとぎ汁発酵乳酸菌液作り、発酵乳酸菌風呂または温泉入浴、整体実習、これまで訪ね歩いた日本の自然の写真を見ながらお話し、農的暮らし・移住・見えない世界に関するお話など。

自然農を基本に生きることに直接関わる自給的な田舎暮らし、この厳しい放射能環境を生き抜くための免疫力アップ、山・森・川、時に海も、命の多様性の奥深い波動に浸って、ご来光では身体の全細胞に光を浴びて、縄文小屋の焚き火では時空を越えて、そういった体験や体感を通して、大いなる自然の波動に同調して、他者との争いを超えた一体感や内なる存在の本質に気づかれ、見える世界がどんな状況にあっても、”今ここ”を悠々溌剌と生きていけるようになるきっかけの場となれば幸いです。

また上記の様々な体験を通して、何よりも自分自身を体験され、自分がより明らかとなった分だけ、インスピレーションやイメージが湧き、それに応じてヴィジョンが現実化されることでしょう☆

ここは、一方的に、料理やサービスや技術・知識などを提供するレストランや宿や学校ではありません。ぼくがこれまでの体験で得た智恵や技術をお伝えするだけでなく、集ったみなさまの持っているそれらも分かち合って、響き合って、融合して、そこで何に気づき、何を受け取り、何を落とし、何が生まれるかは、それぞれ参加されるみなさま次第ということになります。こちらは、そのためのガイド係りみたいなものです。ご一緒に、ワクワクな場を創って参りましょう♥♡

何分、一人での運営のため、何かと行き届かない面もあるかと思いますが、ご容赦願います。

では、みなさまとご縁を頂き、お会いできる日を楽しみにしています★☆
なお、facebook(舘野 昌也)では、ブログよりも一段と突っ込んだ内容も投稿していますので、どうぞご覧くださいませ♪ 友達リクエストの際は、メッセージも添えてお願いします(^^

NEW!!●《春を食べよう~野の草々を使った薬膳料理講座》~外なる自然と内なる命の響き合い☆

天の動きに沿って、野の命たちの活動が始まり、一雨ごとに緑濃くなるこの季節、講師の植松さんと一緒に、野風草周辺や自然農の畑の土手で、野草を摘んで、勢いある野生の命をおいしく料理して頂きましょう♬
そーして、最後は、整体実習で、一番近い”内なる自然”の身体を整え合って、宇宙自然と響き合って、まーるく一つになりましょう♥♡

植松さんからのメッセージ
 「薬草は私たちの身近な所に沢山あります。例えばオオバコやヨモギなどは漢方名で車前草・艾葉と言いますが、今回はそんな身近な薬草を採取して薬膳を楽しんでみましょう。そもそもマクロビオティックは神農本草経で言うところの上品にあたるわけですが、さらに薬膳の要素を取り入れることで来るべき暑さにそなえた食卓にしたいと思います。但し薬膳で普通に使われる動物性のものや砂糖・みりんといった調味料は使いません。」 

【日時】4/4(火)~5(水)

【スケジュール】
4日 14:00 野風草集合、お話、野草摘み・ 畑見学、16:30 ”薬膳料理教室その1”、18:30 夕食、20:00 縄文カフェ(焚き火&お茶)、21:00~入浴
3(日)5:30 起床・ご来光散歩・太陽凝視(希望者)、朝食(あらびき茶と自家製甘酒・豆乳ヨーグルト・きな粉スムージー)、9:00野草摘み、10:00”野草料理教室その2”、12:00昼食、14:00整体実習、16:00ごろ 終了

【定員】6名

【参加費】15,000円(3/31までに定員に達しない場合、部分参加もお受け致します。)
 料理講座その1(4日14:00~21:00):5,000円
 料理講座その2(5日9:00~16:00):5,000円
  ただし、いずれも野草摘み・料理教室のみは、4,000円

【持ち物】雨具(傘、カッパ上下)、軍手、タオル、着替え、長靴(サイズに限りがありますが、高速バス・JRご利用の方には、長靴を優先してお貸しできますので、ご希望があれば申し込み時にサイズをお知らせください)、懐中電灯、その他個人携行品

【特別講師プロフィール】 植松幸子さん (明大農学部卒)マクロビオティックインストラクター。20年以上にわたり、穂高養生園やアルソアにて玄米菜食の食事を提供。食事指導やファスティングなどを手がける。登山を趣味としていたが、近年は山野草や薬草を採取する山歩きへと移行。八ヶ岳においては、わずかの畑と6月半ば過ぎまで自生する草を食べて暮らす。物作り・乗馬を趣味とする。

 *料理は、準備、調理、片付けまで、参加型の実習形式になります。
 *天候等により、スケジュールの変更もあります。
 *JR長坂駅、送迎あり。
 *野風草を始めて20年、大きな事故や怪我はありませんが、保険については各自でご検討ください。


NEW!!●《 地球(クニタマ)体感合宿・通年コース》(毎月日帰り~1泊) 

今年こそ、自然農の野菜作りに挑戦したいと思っているみなさま、まずはぼくと一緒に毎月の作業をしてから、各自の区画で自分の蒔きたいものを蒔いて育てましょう(^^♪
基本は3(4)月以降、いつからでも毎月1回日帰り、または1泊2日で、自然農の基本と、それと繋がる料理や農産加工、自給的な暮らしの手作業、また自分の身体を整える整体など、自然農的田舎暮らしを通して、外側の大きな自然と、内側の小さな自然(身体)について、感じ、気づき、学び、楽しみましょう♬

宿泊コースの場合は、縄文小屋の焚き火、酒粕酵母パン・お粥パン・豆腐作り、自家製粉からのソバ打ちなどは、必須項目になります。お風呂は、定番の発酵乳酸風呂、または、ご希望があれば近くの温泉を利用します♨

【日時】
 ①宿泊定期コース:4~12月の(土~日)1泊2日全9回、4/8~9、5/13~14、6/10~11、7/1~2、8/5~6、9/2~3、9/30~10/1、11/11~12、12/2~3(収穫祭)
 ②宿泊フリーコース:3月以降、ご都合のいい日に、各月1泊2日1回
 ③日帰り定期コース:4~12月の(日)全10回、4/2、4/23、5/21、6/25、7/23、8/20、9/24、10/22、11/19、12/3(収穫祭)
 ④日帰りフリーコース:3月以降、ご都合のいい日に、各月日帰り1~数回

 *①③の定期コースは、定期日にご都合つかない場合は、2回まで、振り返可
 *空きがあれば、いつからでも途中参加可

【スケジュール】
 ①②:1日目:14:00野風草集合、畑作業、料理実習・夕食、発酵乳酸菌風呂    2日目:朝食、畑作業・農産加工など、ランチ、各自の区画で作業、17:00ごろ終了 
 ③④:9:00ごろ野風草集合、畑作業・農産加工など、ランチ、各自の区画で作業、17時ごろ終了(自由解散)

【定員】:各コース4名
【参加費】
 ①:90,000円/9回
 ②:11,000円/回
 ③:60,000円/10回
 ④:6,500円/回
  ただし、温泉ご利用の場合(400~820円別途)

【締め切り】第1次締め切り:3/31(空きがあれば随時、いつからでも)

 *各人の畑の区画は、概ね4m×3.6mほどです。もっと広く使いたい方は、追加料金がかかりますが、調整できる範囲でお受け致します。
 *講座日以外でも、いつでもご自由に各自の区画で作業してください。
 *新宿発の高速バスで、十分日帰りできます。長坂高根バス停から徒歩10分。
 *農具は、最初のうちは、鍬、スコップ、熊手など大きめの物はお貸ししますが、ノコ鎌(500~600円)、剪定バサミ2種(各1,000円くらい)、手袋、腰袋、ベルトなどは、近くのホームセンターや金物屋で買えますので、各自でご用意頂きます。鍛冶屋さんの手作りのお薦めの鍬(8,000円くらい)はご紹介します。
 *バスで通われる方の農具や長靴などは、こちらでお預かりできます。



NEW!!●《 地球(クニタマ)体感合宿・春(日帰り~2泊)》 

未だ雪を頂いて凛とした男前の八ヶ岳と、厳しく立ちはだかる南アルプスの山々ですが、三寒四温の今日この頃、霞かかる富士の峰を眺めながら、光の春を感じています。
畑も、ボチボチ始まります。今年こそ、自然農の野菜作りに挑戦したいと思っているみなさま、ご一緒に始めましょう(^^♪
体験内容は、畑での農作業、自家採種した野菜の種の選別、ヘチマ・タワシ作りや、ご希望の方には、薪作りも♬ 
夜は縄文小屋で焚き火して、朝は、すべて自家製の、豆乳ヨーグルト+甘酒+黄な粉をゆっくり食べてから、早春の息吹を感じる森をお散歩したり、酒粕酵母パン(または、お粥パン)・豆腐作り、自家製粉からのソバ打ちなどを楽しんだり、定番の発酵乳酸風呂で温まったり、整体実習などで、春の身体に整えましょう♬
頭と身体にこびり付いている余計なモノを落として、宇宙自然のリズムにチューニング☆彡
ご希望に応じて、プログラムは調整いたします。

【日時】:ご希望の日(日帰り~2泊3日)
【スケジュール】:
例えば、
 *『日帰りコース』
 9:00ごろ野風草集合、自家製酒粕酵母パンのランチボックス作り、10:00森歩き(ランチ)、温泉入浴、16:00野風草(縄文小屋で焚き火)でお茶&おやつ、17:00終了

 *『1泊2日』  
 1日目:14:00野風草集合、畑作業、料理実習・夕食、酒粕酵母パン作り、縄文小屋で焚き火、発酵乳酸菌風呂など        
 2日目:朝食、酒粕酵母パンのランチボックス作り、森歩き(森でランチ)、温泉入浴、17:00 終了 

 *『2泊3日コース』
 1日目:14:00野風草集合、畑作業、料理実習・夕食、酒粕酵母パン作り、縄文小屋で焚き火、発酵乳酸菌風呂など
        2日目:朝食、酒粕酵母パンのランチボックス作り、森歩き(森でランチ)、温泉入浴、料理実習(豆腐作り)・夕食
        3日目:朝食、ヘチマタワシ作りなど簡単な手作業、そば打ち、ランチ、16:00 終了 

【定員】:4名
【参加費】
*日帰り(1食):6,000円
*1泊2日(3食):10,000円
*2泊3日(6食):20,000円
  ただし、温泉代(400~820円)
*プログラム内で作ったヘチマタワシ(カットしたもの1個)は、お土産でお持ち帰り頂きます。
     

NEW!!●《ゆるゆる体験ステイ 》
 お疲れの方向けのプログラムで、ハードな作業はせずに、発酵乳酸菌風呂にゆったり浸かったり、自家製の甘酒・豆乳ヨーグルトなどを軽くとったり、ご希望に応じて、八ヶ岳を望む自然農畑で野菜を収穫したり、一緒に料理したり、アップダウンの少ない森を歩いたり、縄文小屋で焚き火したり、畑の土手やベランダで山を眺めながらぼーっとしたり、お部屋でお休みしたり、ゆる~く過ごすというものです♡
 日帰りでも、お泊りでも、調整致しま~す☆彡


●≪通常の体験ステイ≫
【日程】:ご希望の日程
【定員】:1~6名
【参加費】プログラムの内容によります。
 ・日帰り(ランチ込み):4,000~5,000円(概ね9:00~17:00くらい)
 ・日帰り(2食込み):6,000~8,000円(概ね9:00~21:00くらい
 ・一泊二日(2食込み):7,500~9,000円(14:00受付~翌12:00くらい) 

 *小学生:表記の80%、就学前:50%、乳児(食事、布団なし):0%(ただし、宿泊体験の場合は、1,000円/泊)


●≪縄文カフェ≫
 八ケ岳と南アルプスを望む野風草の庭に、忽然と時空を越えて建っている縄文小屋で、焚き火しながら、お茶などいかがでしょうか♪
燃え盛る火、きらめく熾き、立ち上る煙の行方を眺めつつ、大地の感触、草木 や煙の匂い、タイムワープしたような空気感をぜひ、体感されてください☆

【日程】:ご希望の日程で、時間は、1時間程度
【定員】:2~10名
【参加費】
 ・宿泊・日帰り体験ステイの場合は、参加費に含まれます。
 ・縄文カフェのみの場合は、500円(ワンドリンク)~1,000円(ドリンク、おやつ)

 
【キャンセル料】
・当日連絡なし、受付後:100%
・当日連絡あり:50%
・前日:30%
 以下は、講座・イベント等のみ
・2日前:20%、3日前:10%

【持ちもの・冬】プログラムに寄る
防寒着(上下、帽子、手袋、温かい靴下など)、作業着(上下長袖・長ズボン)、軍手、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(登山に使えるカッパ上下)、水筒、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、その他個人携行品

【交通】
・マイカー:中央道、長坂高根ICより、600m
・中央高速バス:新宿諏訪岡谷線・長坂高根下車、500m
・JR:中央本線、長坂駅下車、2km(送迎あり)

※東京方面からは、中央高速バスが安くて、便も多く便利です。
  https://www.highwaybus.com/rs-web01-prd-rel/gp/index 


【その他】
・*野風草の”自然農”とは、川口由一さんの自然農を基本に、矢野智徳さんの環境改善の手法と、飯山一郎さんの発酵乳酸菌、そしてアナスタシアの世界も取り入れた命の自然に沿う農を超えたトータルな世界です。
・朝食は、すべて自家製で、ホット酒粕リンゴコンポート+豆乳ヨーグルト+甘酒+黄な粉などの軽食になります。
・料理は実習形式で、一緒に準備・調理・片付けをします。
・マクロビオティック(玄米菜食)が基本ですが、参加者に応じて、卵・小魚・鰹節・チーズなども使うこともあります。
・体験内容は、可能な限りご希望に応じます。
・旅行保険等は、各自でご検討ください。
・通常の体験ステイは前日から、講座・イベント等は2日前から、キャンセル料が発生しますので、ご注意願います。


【お問い合わせ・お申し込み】

 ・お申し込みは、下記事項をメールでお知らせ願います。
 
 ①ご利用希望日(体験ステイ、その他講座・イベント名)
 ②氏名
 ③住所(市町村くらいまでで結構です)
 ④携帯電話番号
 ⑤E-mail
 ⑥性別・年齢・職業(体験内容の参考にしますので、概ね、または任意で結構ですが、お子様の年齢はお知らせください)
 ⑦利用交通機関
 ⑧食事制限(完全菜食、食べられないもの、食べたくないものなど)  
  ⑨特に、興味のあること、体験したいことがあれば
  ⑩何で知りましたか
 
 ※③、④、⑤は、代表者のみでも結構です。
※メール送信されて、3日経過してもこちらから返信がない場合は、通信関係のトラブルもあり得ますので、その際はご面倒おかけしますが確認のお電話ください。

 Mail: nofuzo@extra.ocn.ne.jp
 Tel: 080-6768-9406
facebook: https://www.facebook.com/masaya.tateno.1?ref=bookmarks
 舘野 昌也
〒408-0035 山梨県北杜市長坂町夏秋922-6
Googleマップ https://goo.gl/maps/WAAZp

天の創りし花園 ✨

今朝の八ヶ岳、ちょっと眠たげな感じかな
 DSCN9030

朝のお散歩では、新ルート開拓
小さな沢沿いを登り、
 DSCN9029

林を抜けて
 DSCN9028

自然農の畑は、あっちこっちで、「天の創りし花園」状態になりつつあります
 DSCN9037

 DSCN9035

花園の中で、今季初の鍬仕事
 DSCN9039

ニンジンを蒔きました
 DSCN9040

土を被せ、草でカバーして、完了
 DSCN9041

八ヶ岳南麓の厳しい冬を乗り越えた、コマツナとターサイのナバナたち
 DSCN9032

ゆーはんのおかずに、ターサイのナバナを収穫
 DSCN9042

 

たかがバナナ、されどバナナ…!?

今朝のラジオで、バナナの話題が出て、年間110万トンも輸入されているとのこと
比較として、リンゴの国内生産量は、80万トンだそうです。
バナナの輸入先は、一番多いのは、フィリピン、次いでエクアドル、台湾の順。

昭和に生まれ育ったぼくの子どもの頃は、もう普通に食べてましたが、その昔は、結構高価なものだったとも聞いた覚えがあります。

今や、真冬でも、日本全国どこのスーパーでも見かけ、値段も安いバナナですが、調べるまでもなく輸入先を見ても、暑い気候風土に育つもので、”身土不二”からすれば、日本においては、夏に適する食べものということは明らかなことです

そうやって、頭で考えてと言う訳ではなく、身体の要求に従って、ぼくは夏にはよくバナナを食べますが、秋以降は、食べる気がしなくなるのです

和菓子というのは、本来、旬を大切にするものですが、その旬を外れ、重油を大量に使う真冬のハウス栽培の”イチゴ大福”に始まり、なんとバナナ入りの大福なども、おいしいと評判の和菓子屋でも目にする昨今です…★

天の気と人の内なる気が合えば、まさに”合気”、身心も”元気”に健やかに過ごすことができるんじゃないかと思うのですが、金儲けのために、またはトータルな自然を感じられないが故に、わざわざ旬を外れたものを一生懸命研究して、工夫して、作り出し、その天の気から大きく外れたものを、舌先だけの味覚や栄養成分だけに囚われて摂っていると、気のズレが溜まって、バランスを崩して、”病気”ということになるんじゃないかと思うのです。

まあ、そういうことを体験しに、人として、今生、肉体を持って、この星にやって来た訳ですから、五感や身体を通して、時に痛い思いをしつつ、気づいたり、学んだりするんでしょうね
なので、いちいち指摘したり、批判したりする気は毛頭なく、それぞれの魂の旅路ですから、それぞれ好きにして、還って来る答えを、我が身で体験すればいいだけだと思うのです

雪のち、雨シトシト、こんな日は。。。

本日のランチ、酒粕酵母パン、ヒジキサラダ&カボチャとニンジンのポタージュが、バカうまでーす
 DSCN9018

野風草の庭を散歩するいつものキジくん
 DSCN9019

午前中に雪から雨に変わって、一日中シトシト雨模様だったので、野菜や雑穀・豆類の種の整理をしました
 DSCN9021

雪の朝のお散歩 ⛄

今朝は、予報通りに雪でした
雪が降ると、極端に冷え込むことはないので、その点は助かります。
野風草の庭の縄文小屋
 DSCN9017 

積雪は数センチ程度だったので、雪が降る中、傘を差して長靴を履いてお散歩にGO
野風草の前の田んぼ
 DSCN9005

林を抜け、
 DSCN9007

田んぼ沿いの小道を通り、
 DSCN9010

足元には、そろそろ食べごろのノカンゾウ
 DSCN9012

再び、林に入り、
 DSCN9013

奥に見える緑の家が、”野風草”
約5km、50分ほどのお散歩から帰ってくるころには、雪はやみました。
 DSCN9016




 

力仕事も開始!

今朝、自然農繋がりのSさんから、状態のいい足踏み脱穀機を頂いてきました
スチール製のは持っているのですが、使い勝手は、なんと言っても、昔ながらの木製の物が優れています
 DSCN8996

さらに、庭で育てているキウイもお裾分けして頂いちゃいました
序に、早く熟させる裏技も伝授して頂きました。ぼくは、いつも、リンゴと一緒に、ビニール袋に入れておくのですが、それとは違った方法でした
 DSCN9004

その帰りに、日本ミツバチの養蜂をされているNさんを久しぶりに訪ねて立ち話を一しきりして、巣箱の中まで見せて頂いて、貴重なハチミツまで頂いてしまいました
 DSCN9003

Sさん、Nさん、ありがとうございました
そーして、本日の賄いランチは、ベーコンの代わりに、ゴボウを使った”カルボナーラ”
 DSCN8997

さて、先月、旅先で発症した右耳の突発性難聴は、手当と休養を続けてきて、まだ完治とまではいかず、少しだけ籠った感じが抜けませんが、日常の暮らしや仕事上のコミュニケーションには、全く支障がなく、体調も戻ってきたので、今日は、来シーズンの薪用に倒しておいたコナラの大木を、玉切りました
 DSCN9000


ギャラリー
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨
  • 天の創りし花園 ✨