野風草

《野風草》とは、「野に吹く風にそよぐ草」。八ヶ岳南麓にて、1997年より17年間、自然農・料理・農産加工・自然体験・整体の実習を中心に、自然に沿った暮らしと遊びの体験スペースとして開設した後、一昨年は上野原での『杜の学校』設立準備に参画しました。昨年から八ケ岳に戻って、ただ今、体験ステイをお受けしています。 お日様がサンサンと、風がソヨソヨと、水がサラサラと、そして生きとし生けるものたちがキラキラと命輝く新しい世界の創造に向けて☆

体験内容は、畑での自然農作業、農的暮らしに関わるちょっとした手仕事、八ケ岳・南アルプス山麓の森歩き・渓谷散策、川遊び、登山、庭にある縄文小屋で焚き火、コナラ林のハンモックでゆらゆら、料理・農産加工実習、八ケ岳・南アルプス・富士山の雄大な眺めを望みながらの朝のお散歩とご来光・太陽凝視、豆乳ヨーグルト・米のとぎ汁発酵乳酸菌液作り、温泉入浴、整体実習、これまで訪ね歩いた日本の自然の写真を見ながらお話し、農的暮らし・移住・見えない世界に関するお話など。

自然農を基本に生きることに直接関わる自給的な田舎暮らし、この厳しい放射能環境を生き抜くための免疫力アップ、山・森・川、時に海も、命の多様性の奥深い波動に浸って、ご来光では身体の全細胞に光を浴びて、縄文小屋の焚き火では時空を越えて、そういった体験や体感を通して、大いなる自然の波動に同調して、他者との争いを超えた一体感や内なる存在の本質に気づかれ、見える世界がどんな状況にあっても、”今ここ”を悠々溌剌と生きていけるようになるきっかけの場となれば幸いです。

また上記の様々な体験を通して、何よりも自分自身を体験され、自分がより明らかとなった分だけ、インスピレーションやイメージが湧き、それに応じてヴィジョンが現実化されることでしょう☆

ここは、一方的に、料理やサービスや技術・知識などを提供するレストランや宿や学校ではありません。ぼくがこれまでの体験で得た智恵や技術をお伝えするだけでなく、集ったみなさまの持っているそれらも分かち合って、響き合って、融合して、そこで何に気づき、何を受け取り、何を落とし、何が生まれるかは、それぞれ参加されるみなさま次第ということになります。こちらは、そのためのガイド係りみたいなものです。ご一緒に、ワクワクな場を創って参りましょう♥♡

何分、一人での運営のため、何かと行き届かない面もあるかと思いますが、ご容赦願います。

では、みなさまとご縁を頂き、お会いできる日を楽しみにしています★☆


NEW!!●《櫛形山・広葉樹と原生林の森歩き 》
 自然から大きく乖離して、普段、ヒステリックな程に安心安全な人工空間を求める現代社会では、本物の自然に触れあう機会さえないのが、多くの方々の日常ではないかと思います。
 里から比較的近いところに豊かな広葉樹の森と原生林が残っているのが、櫛形山です。
 ただし、山麓の人為的な土木工事や自然の声を聴かない乱開発で、山がかなり傷んでいる現実も、至る所で目にします。もはや、生き生きとした自然は、日本においても、ごく一部分しか残っていないように感じます。

 そこで、ご希望があれば、体験ステイのプログラムでも、前夜泊、または、日帰りでも、ご案内することにしました。
 櫛形山については、2回下見して、9/11と18のブログにアップしてますので、ご覧ください。
 http://nofuzo.blog.jp/archives/65695894.html
 http://nofuzo.blog.jp/archives/65876054.html

【日程】ご希望日。前夜、当日泊できます。

【スケジュール】 
 ・前夜泊の場合、ランチボックス作り、朝食(甘酒&豆乳ヨーグルト、あらびき茶)、7:30ごろ出発、9:00ごろ登山開始、原生林歩き、ランチ、15:00~16:00ごろ下山、旭温泉入浴、17:00~18:00ごろ野風草にて解散
 ・日帰りの場合、野風草または、登山口最寄りの道の駅等に集合、登山・温泉のスケジュールは同上、各集合場所にて解散
【定員】:4名(最少催行人員、前夜泊1名、日帰り3名)

【参加費】温泉代600円は別途 
 ・前夜泊(前日午後の体験・夕食込み):12,000円
 ・日帰り:4名で2,500円/人、3名で3,500円/人、2名で4,500円/人

【持ち物】:軽登山靴(トレッキングシューズ)、登山用のカッパ上下、帽子、手袋、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、水筒、タオル、着替え、弁当(日帰りの方)、作業着・軍手(上下長袖・長ズボン、前日の畑作業希望の方)、その他個人携行品


NEW!!●《 森と畑の地球(クニタマ)体感合宿・秋その1 》

八ヶ岳を真正面に望む自然農の畑で手入れや、今季最終種蒔きなどで、気持ち良い汗かいて、収穫した野菜で、みんなでクッキング! 自然発酵パンを仕込んだら、夜は庭の縄文小屋の脇で、満月を眺めながら焚き火して、縄文へワープ☆彡 発酵乳酸菌風呂でまったり入浴♨
翌日は、焼き立てのパンでランチボックス作ったら、櫛形山の原生林森歩きへ、GO!! 森の深く霊妙な波動に溶け込みながら、頭と身体にこびり付いている余計なモノを落として、宇宙自然のリズムにチューニング☆彡
下山後は、あの素晴らしい”旭温泉”に、まったりご入浴(^^♪
最終日は、ゆっくりスタートで、自家製粉から始めるソバ打ち♬ 午後は、整体実習やハンモックにユラユラして、最後はお土産野菜を収穫して、お仕舞い。
櫛形山は、9/10に下見して、9/11のブログにアップしてますので、ご覧ください。 http://nofuzo.blog.jp/archives/65695894.html

【日時】:10/8(土)~10(月)2泊3日
【スケジュール】:1日目:14:00野風草集合、畑実習、料理実習・夕食、焚き火など
        2日目:ランチボックス作り、朝食(甘酒・豆乳ヨーグルト、あらびき茶)、櫛形山の森散歩、温泉入浴、料理実習・夕食
        3日目:朝食(同上)、ソバ打ち、整体実習・ハンモックなど、16:00ごろ終了

【定員】:4名

【参加費】:22,000円(2泊6食・温泉代・山への交通費・ガイド代・お土産野菜込み)

【持ち物】:作業着(上下長袖・長ズボン)、帽子、軍手、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(登山に使えるカッパ上下)、水筒、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、その他個人携行品


●《 森と畑の地球(クニタマ)体感講座・通年コース 》 ★ 受付終了しました。

今季、最終の募集のご案内です。残りお一人様(一区画)!!
講座で、バッチリ自然農を学びながら、各自の畑の区画に好きな野菜を育てましょう(^^♪ 秋冬野菜(コマツナ、ホウレンソウ、ダイコン、カブなど)、8月からでも十分間に合いますので、農業経験がない方でも、ご一緒に始めましょう♪
各自の畑の区画のお世話には、東京から、高速バスで日帰りもできます。

八ヶ岳南麓の澄んだ空気の中、毎月、移ろい変わる森を歩いて、頭にこびり付いてる余計なものを落とし、心身の強張りも解して、大いなる宇宙自然の波動にチューニング☆ 雄大な八ヶ岳を望む畑で、草や虫を敵にしない命巡る自然農の畑で野良仕事♪ そーして、頭も身体も空っぽになると、宇宙や大地のエネルギーを受け取れて元気になります☀ 畑をちょっと体験されたい方から、自給自足を目指す方まで、それぞれに応じてご指導致します。 収穫した野菜で、料理や農産加工(自然発酵パン・豆腐作り、そば打ちなど)、放射能時代を生き抜く発酵乳酸菌&豆乳ヨーグルト作り、夜は庭にある縄文小屋で焚き火や、近くの温泉に浸かって汗を流して、まったりしましょう ご希望があれば、身体の感覚を取り戻す整体実習も★


【日時】:8月から12月の毎月1回、全5回、ご希望の1泊2日
【スケジュール】:1日目:14:00野風草集合、森歩き、畑実習(収穫など)、料理実習・夕食、焚き火・温泉・整体実習など
        2日目:散歩、朝食(甘酒・豆乳ヨーグルト、あらびき茶)、畑実習(作付け、草刈りなど)、ランチ、休憩、各自の畝で畑実習、夕方自由解散

【定員】:4名

【参加費】:50,000円(8~12月、毎月1回、1泊2日、全5回)

【持ち物】:作業着(上下長袖・長ズボン)、帽子、軍手、長靴・地下足袋、雨具(傘、カッパ上下)、水筒、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、その他個人携行品
【お問い合わせ・お申し込み】:下記、野風草のブログより、メールにてお願い致します。
                  http://nofuzo.blog.jp/
 
 *野風草の”自然農”とは、川口由一さんの自然農を基本に、矢野智徳さんの環境改善の手法と、飯山一郎さんの発酵乳酸菌、そしてアナスタシアの世界も取り入れた命の自然に沿う農を超えたトータルな世界です。  
 *各自に10㎡ほどの畝で、好きな野菜や豆や雑穀を育てられます。
 *東京から高速バス利用で、日帰りもできるので、講座以外の日に、ご自分の区画での作業もご自由にどうぞ、その際は無料です。
 *最低限の道具(ノコ鎌、腰袋、手袋など)はご用意して頂くか、こちらでお勧めのものを購入して頂きます。鍬やスコップなどはお貸ししますが、ご希望があればお勧めの農具の共同購入もします。
 *料理は、調理から片付けまで、共同作業の実習になります。
 *マクロビオティック(玄米菜食)が基本ですが、参加者に応じて、卵・小魚・鰹節・チーズなども使うこともあります。
 *天候等により、スケジュールの変更もあります。


●≪通常の体験ステイ≫
【日程】:ご希望の日程
【定員】:1~6名
【参加費】プログラムの内容によります。
 ・日帰り(ランチ込み):4,000~5,000円(概ね9:00~17:00くらい)
 ・日帰り(2食込み):6,000~8,000円(概ね9:00~21:00くらい
 ・一泊二日(2食込み):7,500~9,000円(14:00受付~翌12:00くらい) 

 *小学生:表記の80%、就学前:50%、乳児(食事、布団なし):0%


●≪縄文カフェ≫
 八ケ岳と南アルプスを望む野風草の庭に、忽然と時空を越えて建っている縄文小屋で、焚き火しながら、お茶などいかがでしょうか♪
燃え盛る火、きらめく熾き、立ち上る煙の行方を眺めつつ、大地の感触、草木 や煙の匂い、タイムワープしたような空気感をぜひ、体感されてください☆

【日程】:ご希望の日程で、時間は、1時間程度
【定員】:2~10名
【参加費】
 ・宿泊・日帰り体験ステイの場合は、参加費に含まれます。
 ・縄文カフェのみの場合は、500円(ワンドリンク)~1,000円(ドリンク、おやつ)

 
【キャンセル料】
・当日連絡なし、受付後:100%
・当日連絡あり:50%
・前日:30%
 以下は、講座・イベント等のみ
・2日前:10%

【持ちもの】
雨具(カッパ上下、傘)、歩き慣れたスニーカーまたはトレッキングシューズ、帽子、タオル、着替え、懐中電灯、虫除け対策品、縄文小屋で泊まりたい方は寝袋、水着・踵を固定できるサンダル(川遊びの際)、その他宿泊に必要な個人携行品

【交通】
・マイカー:中央道、長坂高根ICより、600m
・中央高速バス:新宿諏訪岡谷線・長坂高根下車、500m
・JR:中央本線、長坂駅下車、2km(送迎あり)

※東京方面からは、中央高速バスが安くて、便も多く便利です。
  https://www.highwaybus.com/rs-web01-prd-rel/gp/index 


【その他】
・朝食は、あらびき茶と自家製甘酒・豆乳ヨーグルトの軽食になります。
・料理は実習形式で、一緒に準備・調理・片付けをします。
・マクロビオティック(玄米菜食)が基本ですが、参加者に応じて、卵・小魚・鰹節・チーズなども使うこともあります。
・体験内容は、可能な限りご希望に応じます。
・旅行保険等は、各自でご検討ください。
・通常の体験ステイは前日から、講座・イベント等は2日前から、キャンセル料が発生しますので、ご注意願います。


【お問い合わせ・お申し込み】

 ・お申し込みは、下記事項をメールでお知らせ願います。
 
 ①ご利用希望日(体験ステイ、その他講座・イベント名)
 ②氏名
 ③住所(市町村くらいまでで結構です)
 ④携帯電話番号
 ⑤E-mail
 ⑥性別・年齢・職業(体験内容の参考にしますので、概ね、または任意で結構ですが、お子様の年齢はお知らせください)
 ⑦利用交通機関
 ⑧食事制限(完全菜食、食べられないもの、食べたくないものなど)  
  ⑨特に、興味のあること、体験したいことがあれば
  ⑩何で知りましたか
 
 ※③、④、⑤は、代表者のみでも結構です。
※メール送信されて、3日経過してもこちらから返信がない場合は、通信関係のトラブルもあり得ますので、その際はご面倒おかけしますが確認のお電話ください。

 Mail: nofuzo@extra.ocn.ne.jp
 Tel: 080-6768-9406
 〒408-0035 山梨県北杜市長坂町夏秋922-6
Googleマップ https://goo.gl/maps/WAAZp

久しぶりの太陽がいっぱい☀

今日は、晴れる予報だったので、朝から、洗濯、掃除、布団干しをしつつ、畑では、ホウレンソウ、ターサイ、コマツナ、コカブのそれぞれ今季最後の種蒔きをしました

マクワウリとスイカの畝を片付けて、そこにまずは、ホウレンソウ
 DSCN4289

蒔くところは、草の根を取り除くのですが、強力な宿根草がはびこっていて、一仕事
 DSCN4292

条蒔きの脇に、うず高く取り除いた草の根が並んでいます
 DSCN4295

畝の全体はこんな眺めです
 DSCN4297

衣笠インゲンの種取り、雨が多かったので、すっかり鞘はカビていますが、このくらいならOK
 DSCN4290

ニンジンの間引き、第二弾
 DSCN4296

最後は、ナス、ピーマン、パプリカ、トマト、ツルムラサキ、オクラなどの収穫
今日も、家事に、畑に、よく働きました、はなまる3つ💮💮💮

栗拾い 🎶

今日は、休養日ということで、朝から野風草定番の”発酵乳酸菌風呂”に浸かって、身体を緩めてまったり過ごしました
やったことと言えば、庭の栗拾いくらいです
結構、大きな実が落ちていました
 DSCN4284

ヘラを使って、実を取り出します
 DSCN4286

10分ほどで、これだけ拾いました
 DSCN4287

そーして、先週作った”スイカ糖”はまだたくさんありますが、2016年最後の生のスイカ
 DSCN4288

米国は福島事故放射能を人類存亡にかかわる事態と警告 !

facebookで、シェアした記事ですが、こちらでも。
 http://ameblo.jp/fm23010/entry-12091614642.html


原田 武夫 氏(元外務省・外交官。原田武夫国際戦略情報研究所代表)安倍 晋三 総理大臣への公開書簡

… 端的に申し上げましょう。米国はその軍事技術を駆使することで、我が国政府及び東京電力が全く把握出来ていない「三号機の炉心がメルト・スルーし、どの深さまで地中に落ちていってしまったのか」を把握し始めています。そしてこれが公表された暁には、「フクイチ」の問題がこれまでの我が国当局が見せてきた対応のように、徐々に声を静めて行けばよいような代物ではなく、正に文字どおり「人類全体の存亡にかかわる問題」であるという事実が露呈し、私たち日本人が「なぜこれまでこのことを隠してきたのか」と万邦の人々から非難囂々となることを米国は今から知っているのです。

… ある時から福島第一原子力発電所とその周辺では不可思議な霧が晴れることがなくなりました。その理由も米国は知っています。「二号機」のみならず、「三号機」におけるこうした決定的な事態の進展とその放置により、地下水だけでは足りず、施設周辺の大気中にある水分まで反応し始めてしまったということなのです。その結果、トリチウム汚染水は当初想定をはるかに超え、無尽蔵に産出されてしまっているのです。総理、貴職はこのことを必ずや既に知っているはずです。仮に知っていないのだとすれば貴職にこの最重要な情報と分析を知らせようとしない官僚集団をすぐさま解任すべきでしょうし、仮に貴職自身がこれを把握しているにもかかわらず「隠蔽」を指示しているのだとすれば、国民との関係において決定的な背信行為です。いずれにせよ誠にもって忌むべき事態ですが、小生は貴職に対する最後の望みとしてこの2つの内、最初の事態であることを辛うじて期待しています。

… それだけではありません。時宜をとらえて出て来るのが、福島第一原子力発電所を巡る健康被害の実態です。「福島県」全域のデータを云々するのであれば何とか誤魔化しがきくかもしれませんが、同発電所の現場でこれまで作業を行って来た数千人の作業員たちについてはもはや隠しようがないのです。必ずやその健康状態の急激な悪化がリークされるに至り、国民世論を恐怖のどん底へと突き落とすはずです。そしてその反作用としての怒りが、誰にぶつけられることになるのかは、総理、貴職ならば十分ご存じであるはずです。

原田 武夫 2015/11/ 5
http://haradatakeo.com/?p=60502

”森と畑の地球(クニタマ)体感講座” 9月☆彡

今週末は、表記の講座でした。
土曜日は、お天気が崩れそうだったので、森歩きはやめて、キッチンでの作業に変更。
まずは、ズッキーニ2品種の種取り
 DSCN4251

水で洗って、水気をふき取ってから干します
 DSCN4283

続いて、グラノーラ作り
 DSCN4253

黄な粉作り
 DSCN4255

糠漬けの手入れと、豆乳ヨーグルトも仕込んで、
 DSCN4254

ゆーはんも、みんなでワイワイ作って、いただきま~す
デザートは、あの”茹で栗”
 DSCN4256

お休み前のひと時、甘酒仕込み
米のとぎ汁発酵乳酸菌液をたっぷり投入した”発酵乳酸菌風呂”でまったり温まって、お休みなさ~い
 DSCN4258

翌朝、自家製豆乳ヨ-グルト&甘酒&黄な粉と、先日、身延の”季美の郷”で作った”スイカ糖”もかけて、見た目は地味ですが、発酵食品ならではの、身体に沁み込む味わい深さなのです
 DSCN4259

今日は、レタスとオカノリの種取りから
 DSCN4268

最後は、手箕を使って調整します
 DSCN4269

畑では、苗床のチンゲンサイを定植しました
 DSCN4272

春に土手に自生していた20cmほどのキクイモを移植したのですが、こんなに大きくなりました
 DSCN4271

その後は、各自の区画で作業して、お待ちかねのランチタイム~
 DSCN4278

デザートは、昨日、作ったグラノーラに豆乳かけて
 DSCN4279

お土産野菜用に、トマト、インゲン、パセリ、ピーマンなどの収穫して、今回のプログラム終了
 DSCN4281

参加されたみなさま、お疲れさまでした
来月は、芋掘りと、ラッカセイ掘りやりまっせー

身延・”季美の郷”へ出張講座~田んぼクラブ”銀河の畔”☆彡

朝は、野風草の自然農畑で収穫したスイカで、”スイカ糖”作り
その前に、スイカの味見しましょか、うまいね~
 DSCN4223

では、2~3cm角に皮ごと刻みます。
 DSCN4224

皮と種付のまま、フードプロセッサーにかけてから、ミキサーでさらに細かくします。
 DSCN4225

それをザルで漉してから、サラシで漉します
 DSCN4227

漉した汁を鍋で、灰汁を取りながら、コトコト煮詰めます。
 DSCN4231

漉したカスも捨てずに、塩、スパイス、地粉を混ぜて、揚げてみようということになりました
 DSCN4233

ここで、”つぶつぶ”ランチタイム~
今日もうま過ぎ 
 DSCN4234

参加者のUさん作のデザート、タカキビの甘酒を使ったアイスケーキも絶品でした
 DSCN4237

スイカの汁が、1/4くらいに煮詰まったところで、火を止めて、ビンに詰めて、”スイカ糖”の完成
 DSCN4239

スイカとキュウリの種も取りました
 DSCN4247

田んぼへ、GO
 DSCN4242

今月の雨続きのお天気の間に、グングン、モリモリ、草が伸びてました。。。
 DSCN4242

畑のタカキビは、なんと、多雨のせいか、穂発芽か
 DSCN4243


観察だけのつもりでしたが、あまりにも田んぼの草の勢いが強いので、カッパを着て、いざ草刈りに突入
 DSCN4248

1時間やるつもりが、気づけば2時間経っていました
風が通り、お日様も当たるようになって、お米も気持ちいいことでしょう
もう少し大きくなろうね
 DSCN4249

最後は、スイカ糖入りのぜんざいで、身も心も、ほっこり温まって、本日のプログラム終了☆彡
 DSCN4250

次回は、いよいよ稲刈りです
 

 
ギャラリー
  • 久しぶりの太陽がいっぱい☀
  • 久しぶりの太陽がいっぱい☀
  • 久しぶりの太陽がいっぱい☀
  • 久しぶりの太陽がいっぱい☀
  • 久しぶりの太陽がいっぱい☀
  • 久しぶりの太陽がいっぱい☀
  • 栗拾い 🎶
  • 栗拾い 🎶
  • 栗拾い 🎶