野風草

《野風草》とは、「野に吹く風にそよぐ草」。八ヶ岳南麓にて、1997年より21年目に突入(^^♪、自然農・料理・農産加工・自然体験・整体の実習を中心に、自然に沿った暮らしと遊びの体験スペースとして、お一人様から日帰り・宿泊体験ステイをお受けしています。 お日様がサンサンと、風がソヨソヨと、水がサラサラと、そして生きとし生けるものたちがキラキラと命輝く新しい世界の創造に向けて☆

八ヶ岳南麓、標高700mの野風草、寒中となり、冷え込みが厳しい日もありますが、晴天率の高い当地ならではで、晴れた日のリビングは陽だまりとなって暖房は使わなくても寒くありません🌞
宇宙自然はいつでもどこでも、天・地・人の順番に、まず”天”が移ろい変わり、それに連れて”地とそこに生きる野の命”が動き出し、一番最後に”人間さま”がドカドカとやって来るのです。

畑では、-10℃近くまで下がる寒さの中、霜除けシートのトンネルの下で、まだ4~5種類の野菜が低温に適応した姿で生育しています。
山では、木漏れ日の中、落ち葉をカサコソ踏みながら静かな森を歩いて、私の身体も宇宙のリズムにチューニング☆彡

通常の体験ステイは、いつでもお受けしています。
体験内容は、畑での自然農作業、農的暮らしに関わるちょっとした手仕事、八ケ岳・南アルプス山麓の森歩き・渓谷散策、川遊び、登山、庭にある縄文小屋で焚き火&焼き芋作り、コナラ林のハンモックでゆらゆら、料理・農産加工実習、八ケ岳・南アルプス・富士山の雄大な眺めを望みながらの朝のお散歩とご来光・太陽凝視、豆乳ヨーグルト・米のとぎ汁発酵乳酸菌液作り、発酵乳酸菌風呂または温泉入浴、整体実習、これまで訪ね歩いた日本の自然の写真を見ながらお話し、農的暮らし・移住・見えない世界に関するお話など。

自然農を基本に生きることに直接関わる自給的な田舎暮らし、この厳しい放射能環境を生き抜くための免疫力アップ、山・森・川、時に海も、命の多様性の奥深い波動に浸って、ご来光では身体の全細胞に光を浴びて、縄文小屋の焚き火では時空を越えて、そういった体験や体感を通して、大いなる自然の波動に同調して、他者との争いを超えた一体感や内なる存在の本質に気づかれ、見える世界がどんな状況にあっても、”今ここ”を悠々溌剌と生きていけるようになるきっかけの場となれば幸いです。

また上記の様々な体験を通して、何よりも自分自身を体験され、自分がより明らかとなった分だけ、インスピレーションやイメージが湧き、それに応じてご縁が生じることでしょう☆

ここは、一方的に、料理やサービスや技術・知識などを提供するレストランや宿や学校ではありません。ぼくがこれまでの体験で得た智恵や技術をお伝えするだけでなく、集ったみなさまの持っているそれらも分かち合って、響き合って、融合して、そこで何に気づき、何を受け取り、何を落とし、何が生まれるかは、それぞれ参加されるみなさま次第ということになります。こちらは、そのためのガイド係りみたいなものです。ご一緒に、ワクワクな場を創って参りましょう♥♡

何分、一人での運営のため、何かと行き届かない面もあるかと思いますが、ご容赦願います。

では、みなさまとご縁を頂き、お会いできる日を楽しみにしています★☆
なお、facebook(舘野 昌也)では、ブログよりも一段と突っ込んだ内容も投稿していますので、どうぞご覧くださいませ♪ 友達リクエストの際は、メッセージも添えてお願いします(^^


【主な季節の農作業・農産加工・自然体験のプログラム】
・通年:、自然農的暮らしの手仕事・農産加工、自家採種した種の調整・選別、ヘチマタワシ作り、ご来光散歩、森歩き・登山、など
・1月:小豆・インゲン脱粒、自家採種した種の選別・調整、そば打ち、餅つき、縄文小屋の焚き火で焼き芋など


●NEW!!《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
 雄大な八ヶ岳を望む自然農畑は、霜除けのトンネルの下に、寒さに強い葉物野菜が4~5種類残すのみで、畑での作業は収穫くらいで、冬の農閑期を迎えています。
農的な作業としては、のんびり秋に採った野菜や豆の選別や調整したり、ヘチマたわしを作ったり、その他、縄文小屋でまったり焚き火を囲んでお茶しましょ🔥 畑で収穫した野菜や豆などで、Cooking♪&ゆーごはん❤ 発酵乳酸菌風呂で温まっておやすみなさーい🌠
翌朝、ランチボックスを持って、スノーシュー・ツアーにGo!! 
動物たちの足跡が残る雪の森、凛とした真冬の森の空気を肌に感じて、サクサク雪を踏み締めて、山頂付近からは、山々の大展望を堪能して、私の身体も宇宙のリズムにチューニング☆彡
下山後は、温泉にまったり浸かりましょう♨

【日程】:ご希望の1泊2日(前夜泊、または、早朝集合の日帰りで、山のツアーのみも可)にてお受けしています。また、野風草~現地のルート上でピックアップが可能な場合もあります。

【スケジュール】 コースにより、多少前後します。
 1日目:14:00 野風草集合、軽い農作業、ヘチマたわし作り、縄文カフェなど、料理実習・夕食、お風呂
 2日目:朝食(自家製豆乳ヨーグルト・ショウガ番茶など)、6:30出発、9:00~15:30 登山・森歩き、16:00 温泉入浴、17:00~18:00夕食(外食)、20:00ごろ野風草解散(野風草に宿泊可)

【コース】
 ①富士見台高原(下伊那郡阿智村、1,739m)
 登り3:30、下り2:30ほどで、中程度の傾斜の登り下りで、積雪やその場の状況に応じて、軽アイゼン、スノーシュ(ワカン)など利用します。山頂付近からは、東に長大な南アルプス、北には中央アルプス、南には間近に恵那山、西には御嶽・乗鞍・北アルプス、そーして遠くに霊妙な白山連邦の大展望が広がっています。 
 ②位山(高山市、1,529m)こちらのコースは、一度、下見をしてからの募集になります。
 モンデウススキー場から登って、広葉樹の森の稜線を歩いて、途中おいしい湧水を汲んで、山頂付近からは、御嶽、乗鞍、白山の雄大な眺めを楽しめますが、日本海側の気候の影響が強いため曇天が多いので、実施の有無はお天気次第になります。無積雪期よりも多少時間がかかって、登り3時間、下り2時間ほど。

【定員】:2~3名(日帰り参加者のみの場合は最少催行人員3名)

【参加費】
 ①18,000円(往復高速利用) 温泉代・外食代は各自でご負担願います。初日の夕食から、または泊まりからの場合はそれぞれ割引します。2日目の日帰り参加の場合は、弁当持参で、10,000円。

【持ちもの】
作業着(農作業用、上下長袖・長ズボン)、軍手(薄手のもの)、防寒着(手袋・帽子・靴下)、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(傘・登山に使えるカッパ上下)、水筒(2つ、水とお茶用)、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、ヘッドランプ、非常食(ナッツ、ドライフルーツ、チーズ、せんべいなど)、あればクマ避けの鈴、その他個人携行品、長靴は23~28cmはお貸しできます。スノーシュー(カンジキ)、軽アイゼン、スパッツ、ストック、サングラス、防寒ウエア


●NEW!!《真冬の 自然農畑&広葉樹(ブナ)の森体感ツアー》募集中!
 雄大な八ヶ岳を望む自然農畑は、霜除けのトンネルの下に、寒さに強い葉物野菜が4~5種類残すのみで、畑での作業は収穫くらいで、冬の農閑期を迎えています。
農的な作業としては、のんびり秋に採った野菜や豆の選別や調整したり、ヘチマたわしを作ったり、その他、縄文小屋でまったり焚き火を囲んでお茶しましょ🔥 畑で収穫した野菜や豆などで、Cooking♪&ゆーごはん❤ 発酵乳酸菌風呂で温まっておやすみなさーい🌠
翌朝、ランチボックスを作って、各地の森歩きにGo!! 
木漏れ日の中、落ち葉をカサコソ踏みながら、真冬の静かな森歩き、ふかふかの落ち葉のベッドに寝転んで、私の身体も宇宙のリズムにチューニング☆彡
森歩きの後は、温泉にまったり浸かりましょう♨

【日程】:ご希望の1泊2日(前夜泊、または、早朝集合の日帰りで、山のツアーのみも可)にてお受けしています。また、野風草~現地のルート上でピックアップが可能な場合もあります。

【スケジュール】 コースにより、多少前後します。
 1日目:14:00 野風草集合、軽い農作業、ヘチマたわし作り、縄文カフェなど、料理実習・夕食、お風呂
 2日目:朝食(自家製豆乳ヨーグルト・ショウガ番茶など)、ランチボックス作り、①8:30出発・②~④7:00出発 ・⑤⑥6:00出発、9:30~15:00 登山・森歩き、15:30 温泉入浴、①~④17:00~19:00ごろ野風草解散、⑤~⑥は夕食(外食)、20:00~21:00ごろ野風草解散(野風草に宿泊可)

【コース】
 ①山梨県内
  a.櫛形山(2,020m、南アルプス市)駐車場からすぐに素晴らしい広葉樹の森に入れて、お散歩程度から本格登山までルートいろいろ、評判のいい旭温泉入浴。林道閉鎖のため冬季中止。
  b.茅ヶ岳(1,703m、北杜市)中腹以上の広葉樹の森が豊かですが、標高が低く、山頂は日陰がないので夏は不向き。5時間程度の歩き、明野温泉クララ館入浴。
 ②東信エリア・茂来山(1,718m、佐久穂町)豊かな広葉樹とコブ太郎(トチの巨樹)の森、山頂からの浅間山、八ヶ岳、北アルプスの大展望が楽しめます。登り2時間、下り1時間半の初級者コースです。冬季以外は、下山後、近くの古谷渓谷・乙女の滝も巡ります。
 ③中信エリア・水木沢天然林(1,300~1,400m、木祖村)ヒノキとブナなどの混交林の森、2時間程度の適度なアップダウンのコース、御嶽山麓の天然温泉入浴、時間によっては、冬季以外は、下山後、”阿寺ブルー”の美しい渓谷散策も可。
 ④南信エリア(伊那谷)
  a.帯無山(帯無川源流域、1,600m付近、箕輪町)昭和の拡大造林の伐採から、地元の方々が守った、南信エリアでは最大規模ブナ原生林。樹齢200年以上のブナも多く、250年と言われる”ブナ太郎”まで、急斜面が多く、登り4時間、下り2時間半ほど。
  b.戸倉山(1,681m、駒ケ根市)伊那富士とも呼ばれ、西と東の二峰からなり、西峰からは中央アルプスと伊那谷の眺め、東峰からは間近に迫る迫力の南アルプスの仙丈ケ岳が印象的です。その二つの峰の間の稜線には、ブナ林があります。厳冬期には霧氷が見られることもあります。登り2時間半、下り2時間くらいです。
  c.傘(からかさ)山(1,542m、飯島町)アカマツの巨樹の並木やブナの大木も見られます。山頂からは、長大な南アルプスの山並み、振り返ると、中央アルプスの主稜線が指呼の間 に望めます。登り3時間、下り2時間半くらい。
 ⑤北信エリア
  a.雨飾山・鎌池(1,963m、小谷村)山は本格的な登山で往復8~9時間ほどですが、中腹の美しいブナ林まで、あるいは池巡りならハイキング程度で秋なら落ち葉の大地に寝て地球を体感、寸志(100円程度)で入浴できる森に囲まれた露天風呂入浴。冬季中止。適期7~11月。
  b.奥裾花自然園(1,200~1,300m、長野市鬼無里)ブナ原生林とミズバショウの湿地を楽しめて、アップダウンの少ないハイキング程度で、近隣には温泉もいろいろあります。ただし、11~4月下旬(冬期)閉園。
 ⑥伊豆・天城山麓”八丁池” 旧天城トンネルのある旧道から、森の中を2時間半ほど緩やかに登って、八丁池に着きます。見晴らし台からは、八丁池はもちろん、広大なブナ林や富士山や南アルプスの遠望、伊豆の東海岸から下田方面まで望めます。下りは2時間ほどで戻ります。周回ルートで、上り下り共に見事なブナ原生林があります。冬枯れの森も素敵です。

【定員】:①②1~3名(日帰り参加者のみの場合は最少催行人員3名)、③~⑥2~3名(日帰り参加者のみの場合は最少催行人員3名)

【参加費】 温泉代は各自でご負担願います。2日目の日帰り参加の場合は、弁当持参で、表示金額より-8,000円)
 ①12,000円 
 ②13,000円
 ③15,000円(往復高速利用)
 ④16,000円(往復高速利用)
 ⑤~⑥17,000円(往復高速利用)

【持ちもの】
作業着(上下長袖・長ズボン)、軍手(薄手のもの)、防寒着(手袋・帽子・靴下)、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(傘・登山に使えるカッパ上下)、水筒(2つ、水とお茶用)、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、ヘッドランプ、非常食(ナッツ、ドライフルーツ、チーズ、せんべいなど)、あればクマ避けの鈴、その他個人携行品、長靴は23~28cmはお貸しできます。積雪期は、スノーシュー(カンジキ)、軽アイゼン、スパッツ、ストック、サングラス、防寒ウエア


●《行き当たりピッタリのお野菜セット》販売中👌
 ご希望の方に、野風草の自然農畑の野菜セット(1,000~2,000円くらい)と、自家製梅ジャムを700円で販売します。前日までに野風草へご連絡くださいませ。受け渡しは、野風草にて。
今ある野菜は、コマツナ、ミズナ、コカブ、ダイコン、ニンジンなど。
体験ステイの方には、その時あるやさいをお土産で差し上げますよー☆彡


●《岐阜の山・森・川・滝・温泉・エゴマ五平餅ツアー》募集中!
山と川が奥深い岐阜を訪ねて、季節に応じたそれぞれの自然の懐で遊んで、地元産のエゴマだれの超おいしい五平餅も味わって、締めくくりは、御嶽山6合目のかけ流し温泉の露天風呂にゆっくり浸かって、全身全細胞全感覚で、岐阜を通して、地球を体感しましょう🌏

位山のこの登山ルートは、登り1時間、山頂周辺(平坦)30分、下り50分ほどの初心者コースで、巨石群があって、山頂周辺には”天の岩戸”や、おいしい湧き水の”天の泉”もあって、晴れれば、御嶽山、乗鞍岳、白山の眺望もよく、バラエティー豊かに楽しめます(^^♪
夏には川でも泳げます👌
冬期は、別ルートで、スノーシューを履いて往復6時間ほどのコースになります。

【日程】:ご希望の2泊3日(人数に空きがあれば、2日目の7時集合・出発で1泊2日の参加も可)
*2泊目の現地での宿泊は、低料金で利用できる下記の2カ所(素泊まり)を予定してます。
・ゲストハウスのっぽさんち 営業日(金)~(日)(朝食可)http://nopposanchi.wixsite.com/nopposanchi
・ふれあいの森バンガロー http://www.hida-fureai.com/

【スケジュール】 
 1日目:14:00野風草集合、軽い農作業・ヘチマたわし作りなど、料理実習・夕食、縄文カフェ、ランチボックス作り、お風呂
 2日目:朝食(自家製甘酒豆乳ヨーグルト・お茶など)、7:00 出発~御嶽山展望台~11:10位山登山口(ランチ・弁当)~天の岩戸~天の泉~13:20位山山頂、登山口15:20、17:00温泉入浴、18:00夕食(外食)、19:00宿泊施設
 3日目:7:00朝食(甘酒豆乳ヨーグルト)、9:00滝巡り、12:00ランチ・五平餅(外食)、14:00濁河温泉・滝と原生林巡り、15:30露天風呂、16:30 濁河温泉出発、19:00ごろ野風草到着・解散

【定員】:2~3名

【参加費】 温泉代・外食代(2回)・2泊目(のっぽさんちの場合)の朝食を持参する甘酒・豆乳ヨーグルト以外に、宿の朝食を希望される場合は500円、は各自でご負担願います。
 全日程参加26,000円、初日夕食料理実習(18:00)~24,500円、初日夕食後(20:00ごろ)~23,000円、2日目(7:00集合・出発)~19,000円
 
【持ちもの】
・初日農作業:作業着(上下長袖・長ズボン)・薄手の軍手、帽子
・登山・森歩き:トレッキングシューズ、雨具(傘・登山用カッパ上下など)、シート(昼食・休憩時)、ザック、冬期はスノーシュー(ワカン)、軽アイゼン、スパッツ、ストック、サングラス、防寒着
・川遊び:水着、ゴーグル、ラッシュガード(肌を保護する水着の上に切る薄手の半袖または長袖の上着)、泳げない方はあればライフジャケット・浮き輪など、踵が固定できるサンダル
・共通:水筒、タオル、着替え、おやつ、その他個人携行品


●《真冬の地球(クニタマ)体感合宿》 募集中!
 雄大な八ヶ岳を望む自然農畑は、霜除けのトンネルの下に、寒さに強い葉物野菜が4~5種類残すのみで、畑での作業は収穫くらいで、冬の農閑期を迎えています。
農的な作業としては、のんびり秋に採った野菜や豆の選別や調整したり、ヘチマたわしを作ったり、その他、縄文小屋でまったり焚き火を囲んでお茶しましょ🔥 畑で収穫した野菜や豆などで、Cooking♪&ゆーごはん❤ 発酵乳酸菌風呂で温まっておやすみなさーい🌠
翌朝、ランチボックスを作って、八ヶ岳の中腹の森歩きにGo!! 
真冬の柔らかな日差しを浴びながら、落ち葉をカサコソ踏み鳴らして森を歩いて、積雪期はスノーシューを履いて、動物たちの足跡を見つけながら、私の身体も宇宙のリズムにチューニング☆彡
森歩きの後は、温泉にまったり浸かりましょう♨

【日程】:ご希望の1泊2日(2日目、日帰りの森歩きのみも可)

【スケジュール】 
 1日目:14:00 野風草集合、軽い農作業、ヘチマたわし作り、縄文カフェなど、料理実習・夕食、お風呂
 2日目:ご来光散歩(希望者)、朝食(自家製豆乳ヨーグルト・ショウガ番茶)、ランチボックス作り、9:00出発、9:30~14:30 森歩き、15:00 温泉入浴、16:30ごろ野風草解散

【定員】:4名

【参加費】:12,000円(ただし、温泉代は各自でご負担願います)、2日目の森歩きのみの場合は、弁当・おやつ・水筒持参で、4,000円。スノーシュー・セット(スノーシュー、ブーツ・サイズ14~27.5㎝、ストック)は、清里の施設でレンタル可(大人1,500円、小学生1,000円/9:00~16:00、火曜日休み)

【持ちもの】
防寒着、軍手(収穫時)、手袋、帽子、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(傘・登山に使えるカッパ上下)、水筒、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、その他個人携行品、長靴は23~28cmはお貸しできます。積雪期は、スノーシュー・セット。


●《ゆるゆる体験ステイ 》
 お疲れの方向けのプログラムで、ハードな作業はせずに、発酵乳酸菌風呂にゆったり浸かったり、自家製の甘酒・豆乳ヨーグルトなどを軽くとったり、ご希望に応じて、八ヶ岳を望む自然農畑で軽い農作業したり、一緒に料理したり、アップダウンの少ない森を歩いたり、縄文小屋で焚き火したり、畑の土手やベランダで山を眺めながらぼーっとしたり、お部屋でお休みしたり、ゆる~く過ごすというものです♡
 日帰りでも、お泊りでも、調整致しま~す☆彡


●≪通常の体験ステイ≫
【日程】:ご希望の日程
【定員】:1~6名
【参加費】プログラムの内容により、多少変わる場合もあります。
 ・日帰り(半日・食事なし):2,000円(午前、午後の各2~3時間)
 ・日帰り(ランチ込み):5,000円(概ね9:00~17:00ごろ)
 ・日帰り(2食込み):6,500円(概ね9:00~20:00ごろ
 ・一泊二日(2食込み):8,500円(14:00受付~翌12:00ごろ) 
       (3食込み):9,500円(14:00~翌14:00ごろ)
              10,500円(14:00~翌17:00ごろ) 
 *2泊目以降、割引あり(午前・午後の体験それぞれ-1,000円)
 *冬季暖房費:+500円/泊
 *小学生:表記の80%、就学前:50%、乳児(食事、布団なし):0%(ただし、宿泊体験の場合は、1,000円/泊)
 *初夏から初冬は露地野菜、場合によっては貯蔵している野菜を、お土産に差し上げます。時季によっては無い場合もあります。


●≪縄文カフェ≫
 八ケ岳と南アルプスを望む野風草の庭に、忽然と時空を越えて建っている縄文小屋で、焚き火しながら、お茶などいかがでしょうか♪
燃え盛る火、きらめく熾き、立ち上る煙の行方を眺めつつ、大地の感触、草木 や煙の匂い、タイムワープしたような空気感をぜひ、体感されてください☆

【日程】:ご希望の日程で、時間は、1時間程度
【定員】:2~10名
【参加費】
 ・宿泊・日帰り体験ステイの場合は、参加費に含まれます。
 ・縄文カフェのみの場合は、500円(ワンドリンク)~1,000円(ドリンク、おやつ)

 
【キャンセル料】
・当日連絡なし、受付後:100%
・当日連絡あり:50%
・前日:30%
 以下は、講座・イベント等のみ
・2日前:20%、3日前:10%

【持ちもの】プログラムに寄る
作業着(上下長袖・長ズボン)、軍手(薄手のもの)、帽子、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(傘・登山に使えるカッパ上下)、水筒、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、ヘッドランプ、クマ避けの鈴、非常食(ナッツ、ドライフルーツ、チーズ、せんべいなど)、その他個人携行品、長靴は23~28cmはお貸しできます。

【交通】
・マイカー:中央道、長坂高根ICより、600m
・中央高速バス:新宿諏訪岡谷線・長坂高根下車、500m
・JR:中央本線、長坂駅下車、2km(送迎あり)

※東京方面からは、中央高速バスが安くて、便も多く便利です。
  https://www.highwaybus.com/rs-web01-prd-rel/gp/index 


【その他】
・野風草の”自然農”とは、川口由一さんの自然農を基本に、矢野智徳さんの環境改善の手法と、飯山一郎さんの発酵乳酸菌、そしてアナスタシアの世界も融合して、単なる農法を超え、命の自然に沿う農であり、受け手次第で、宇宙自然の波動を体感するトータルな農の世界にもなります☆彡
・朝食は、すべて自家製で、ホット酒粕リンゴコンポート+豆乳ヨーグルト+甘酒+黄な粉などの軽食になります。
・料理は実習形式で、一緒に準備・調理・片付けをします。
・マクロビオティック(玄米菜食)が基本ですが、参加者に応じて、卵・小魚・鰹節・チーズなども使うこともあります。
・体験内容は、可能な限りご希望に応じます。
・旅行保険等は、各自でご検討ください。
・通常の体験ステイは前日から、講座・イベント等は2日前から、キャンセル料が発生しますので、ご注意願います。


【お問い合わせ・お申し込み】

 ・お申し込みは、下記事項をメールでお知らせ願います。
 
 ①ご利用希望日(体験ステイ、その他講座・イベント名)
 ②氏名
 ③住所(市町村くらいまでで結構です)
 ④携帯電話番号
 ⑤E-mail
 ⑥性別・年齢・職業(体験内容の参考にしますので、概ね、または任意で結構ですが、お子様の年齢はお知らせください)
 ⑦利用交通機関
 ⑧食事制限(完全菜食、食べられないもの、食べたくないものなど)  
  ⑨特に、興味のあること、体験したいことがあれば
  ⑩何で知りましたか
 
 ※③、④、⑤は、代表者のみでも結構です。
※メール送信されて、3日経過してもこちらから返信がない場合は、通信関係のトラブルもあり得ますので、その際はご面倒おかけしますが確認のお電話ください。

 Mail: nofuzo@extra.ocn.ne.jp
 Tel: 080-6768-9406
 ブログ:http://nofuzo.blog.jp/
 facebook: https://www.facebook.com/masaya.tateno.1?ref=bookmarks
 舘野 昌也
〒408-0035 山梨県北杜市長坂町夏秋922-6
Googleマップ https://goo.gl/maps/WAAZp

《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!

雄大な八ヶ岳を望む自然農畑は、霜除けのトンネルの下に、寒さに強い葉物野菜が4~5種類残すのみで、畑での作業は収穫くらいで、冬の農閑期を迎えています。
農的な作業としては、のんびり秋に採った野菜や豆の選別や調整したり、ヘチマたわしを作ったり、その他、縄文小屋でまったり焚き火を囲んでお茶しましょ🔥 畑で収穫した野菜や豆などで、Cooking♪&ゆーごはん 発酵乳酸菌風呂で温まっておやすみなさーい🌠
翌朝、ランチボックスを持って、スノーシュー・ツアーにGo
動物たちの足跡が残る雪の森、凛とした真冬の森の空気を肌に感じて、サクサク雪を踏み締めて、山頂付近からは、山々の大展望を堪能して、私の身体も宇宙のリズムにチューニング☆彡
下山後は、温泉にまったり浸かりましょう

【日程】:ご希望の1泊2日(前夜泊、または、早朝集合の日帰りで、山のツアーのみも可)にてお受けしています。また、野風草~現地のルート上でピックアップが可能な場合もあります。

【スケジュール】 コースにより、多少前後します。
 1日目:14:00 野風草集合、軽い農作業、ヘチマたわし作り、縄文カフェなど、料理実習・夕食、お風呂
 2日目:朝食(自家製豆乳ヨーグルト・ショウガ番茶など)、6:30出発、9:00~15:30 登山・森歩き、16:00 温泉入浴、17:00~18:00夕食(外食)、20:00ごろ野風草解散(野風草に宿泊可)

【コース】
 ①富士見台高原(下伊那郡阿智村、1,739m)
 登り3:30、下り2:30ほどで、中程度の傾斜の登り下りで、積雪やその場の状況に応じて、軽アイゼン、スノーシュ(ワカン)など利用します。山頂付近からは、東に長大な南アルプス、北には中央アルプス、南には間近に恵那山、西には御嶽・乗鞍・北アルプス、そーして遠くに霊妙な白山連邦の大展望が広がっています。 
 ②位山(高山市、1,529m)こちらのコースは、一度、下見をしてからの募集になります。
 モンデウススキー場から登って、広葉樹の森の稜線を歩いて、途中おいしい湧水を汲んで、山頂付近からは、御嶽、乗鞍、白山の雄大な眺めを楽しめますが、日本海側の気候の影響が強いため曇天が多いので、実施の有無はお天気次第になります。無積雪期よりも多少時間がかかって、登り3時間、下り2時間ほど。

【定員】:2~3名(日帰り参加者のみの場合は最少催行人員3名)

【参加費】
 ①18,000円(往復高速利用) 温泉代・外食代は各自でご負担願います。初日の夕食から、または泊まりからの場合はそれぞれ割引します。2日目の日帰り参加の場合は、弁当持参で、10,000円。

【持ちもの】
作業着(農作業用、上下長袖・長ズボン)、軍手(薄手のもの)、防寒着(手袋・帽子・靴下)、登山靴(トレッキングシューズ)、雨具(傘・登山に使えるカッパ上下)、水筒(2つ、水とお茶用)、タオル、着替え、筆記具・メモ帳、ザック、シート(ランチ、お昼寝時)、ヘッドランプ、非常食(ナッツ、ドライフルーツ、チーズ、せんべいなど)、あればクマ避けの鈴、その他個人携行品、長靴は23~28cmはお貸しできます。スノーシュー(カンジキ)、軽アイゼン、スパッツ、ストック、サングラス、防寒ウエア

画像は去年の2月20日の富士見台高原です⛄
登山口の神坂神社
 DSCN2039

広葉樹の森
 DSCN2064

カラマツの森
 DSCN2079

富士見台高原
 DSCN2101

 DSCN2105

山頂からの大展望
御嶽山
 DSCN2109

中央アルプス
 DSCN2111

南アルプスの峰々
 DSCN2113
 
恵那山
 DSCN2121

さあ、下ります
 DSCN2119

 DSCN2123

途中の山小屋も利用できます
萬岳荘(冬期は無人)、トイレ有り・宿泊可(利用料1,000円、薪ストーブ有り、宿泊の装備必要)
 DSCN2134

神坂小屋(避難小屋)
 DSCN2128
 

”真冬の 広葉樹(ブナ)の森体感ツアー~伊豆・八丁池コース”

天城越えの旧道の登山口から、林道を通って、まずは植林エリアを登ります
先頭を行くハイテンションの隊長のきゅーちゃんは、登りながら暑い暑いと、一枚ずつ脱ぎ捨て、1時間ほど登ったところで、すでにノースリーブのシャツ一枚
 DSCN2954

ブナ林エリアに突入
 DSCN2968

 DSCN2973

大きな木も出てきました
 DSCN2975

隊長、少しトーンダウンか
 DSCN2978

ブナの木にタッチして、パワーをもらいましょう
 DSCN2981

しかしながら、乾燥化が進む森。
30年前の森は、もっと鬱蒼としていて、雨が降っても濡れることはないほどだったと、地元の方に聞いたことがあります。。
 DSCN2987

通らなくてもいいところですが、いろいろトライしたくなる隊長です
 DSCN2989

さあ、八丁池へ
 DSCN2991

 DSCN2993

八ヶ岳では見られない、常緑広葉樹のトンネル🌳
 DSCN2998

八丁池間近で、薄っすら雪が
 DSCN3002

見晴らし台から、氷結している八丁池と富士山の頭
 DSCN3005
 
天城山の万次郎岳と万三郎岳と思われます
 DSCN3008

東西の相模湾と駿河湾の海も望めて、画像は霞んでますが下田方面です。
 DSCN3009

さあ、八丁池の畔でランチタイム~😋
 DSCN3013

下りは、周回ルートで戻ります。
 DSCN3017

このルートのハイライト
迫力あるブナ原生林と存在感ある木々たち
 DSCN3030

 DSCN3032

 DSCN3037

 DSCN3055

ヒメシャラも多いです。
 DSCN3047

 DSCN3061

 DSCN3062

毎度のことながら、あちこちで森の傷みも目にします…★
 DSCN3074

惜しみつつ、森を後にします。。。
 DSCN3070

下山後は、修善寺温泉の共同浴場の”筥湯(はこゆ)”に浸かって、隊長が楽しみにしていた”桐家”さんで、静岡自然農の会の代表の高橋さんに無農薬みかんをお届け頂きつつ、一緒においしい夕ご飯を食べて、サイコーの締めとなりました👌
 DSCN3078

今回も、山、森、温泉、ご飯、そーしてご縁を頂いたみなさんとの出会いと、盛沢山の野風草ツアーでした。
八丁池ツアー以外にも、いろいろコースがありますので、ご希望の方は、ブログ(PCモード)の案内をご覧くださいませ☆彡

”柚子の種の化粧水”完成‼

去年の晩秋、柚餅子と柚子ジャムを作る時に、焼酎に浸けておいた種を、
 DSCN2936

精製水で割って、
 DSCN2937

濾して、
 DSCN2939

ボトルに入れて、”柚子の種の化粧水”完成
 DSCN2940

猛烈に乾燥するここ八ヶ岳南麓なので、さっそく手に塗りたくってみましたが、最初しっとり、しばらくするとサラリとして、べたつかないし、いい感じです
明日の”真冬の 広葉樹(ブナ)の森体感ツアー~伊豆・八丁池コース”のお弁当とおやつ準備完了👌
 DSCN2943

お粥パンも焼きました
 DSCN2944

-10℃を乗り越えたホウレンソウ☆彡

-10℃を乗り越えたホウレンソウを収穫して、
 DSCN2923

 DSCN2924

お昼の”力・キツネ・月見うどん”にトッピング
甘くて、うまーい
特に赤い根っこのところがネ😋
 DSCN2925

おやつは、サツマイモ・チップス
オーブンで焦がさずに、カリッカリに焼けたよー👌
 DSCN2927

冬来たりなば春遠からじ🍀

昼間の時間が一番短くなるのが冬至で、それ以後は長くなるのですが、日没が遅くなるだけで、日の出は昨日からようやく1分早くなったと、ラジオで言ってました
天は確実に春へと動き始めて、ここ数日、温暖な地域ではすでにフキノトウが出てきたとも、ラジオから聞こえてきます
今朝-6℃の凛とした空気の中、お散歩風景
 DSCN2907

 DSCN2913

今週半ばに開催予定の”伊豆・天城山麓”八丁池ツアーの現地情報の確認や、スケジュールを調整してから、ランチ・タイム~
定番の”酒粕酵母パン”と、畑のモリモリ温野菜・梅酢ドレッシング
 DSCN2918

今日は、穏やかな晴天に恵まれたので、掃除して、布団干してから、車のリア・ウインドが、あまりにも汚れて後方視界が不明瞭だったので、”八丁池ツアー”の準備も兼ねて、久しぶりに水洗いして、サッパリしました👌
 DSCN2919

晩ご飯、親子丼&漬け物モリモリ😋
 DSCN2921

自家製”柚餅子”、カマンベールチーズ&赤ワイン、最強だな
 DSCN2922

 


タクアンおいしく仕上がりました😋

今朝のお散歩風景、南アルプス
 DSCN2883
 
ランチは、野菜天ぷらそば
 DSCN2884

八ヶ岳バックの畑
 DSCN2887

南アルプスバックの畑
 DSCN2895

11月末に漬け込んだタクアンを、今日、始めて取り出して、
 DSCN2904

ゆーはんに、他の漬物と一緒に食べました
うまいでーす
 DSCN2905

帯無川源流域のブナ原生林✨

昨日、お天気がよかったので、去年の春に初めて訪ねた上伊那エリアのブナ原生林を再訪しました。
山のガイドブックにも、国土地理院の地形図にも、登山道は載っていないので、去年は地元の役場の詳しい方にルートを教えて頂きました
まずは林道を登山口へ向かいますが、人の足跡は無くて、動物の足跡が続いています。。。 
 DSCN2725

全国、山の奥の奥まで、大地の呼吸を塞いで、環境悪化を招く砂防ダム
 DSCN2729

周辺環境は、大きなダメージを受けています 
 DSCN2731

丸太橋を渡って、登山道に入ります
 DSCN2743

 DSCN2747

ここで、軽アイゼンを装着❄
 DSCN2748

去年、ここは斜面崩壊で通行不能で、下の沢沿いにルートを切り開いて通過したところですが、今回は倒木の上を通れました👌
 DSCN2764

二本目の丸太橋、動物たちも渡っていますネ
 DSCN2769

氷結
 DSCN2771

陽だまりを見つけて、早弁
 DSCN2779

温かい味噌汁が沁みる~
 DSCN2778

カラマツ林越しの伊那谷と南アルプスの山並み
 DSCN2783

見上げると、
 DSCN2781

あの辺りが、ブナ林かな
 DSCN2787

広葉樹も出てきました。
結構、きつい登りが続きます
 DSCN2791

車から3時間ほどで、最初の大きなブナ、去年、勝手に”ブナ次郎”と名付けました
 DSCN2795

ブナ原生林は、さらに1時間ほどかかります。
ほとんど歩く人もいないので、踏み跡も不明瞭なところが多いです
 DSCN2800

沢を隔てた向こうの斜面にブナ林が見えます
 DSCN2802

雪も深くなってきました⛄
 DSCN2812

20cmくらいかな。。。
 DSCN2813

樹の間から見えるのは、南アルプスの塩見岳
 DSCN2818

この後、大木が倒れて登山道を塞いでいるところで、道が分からなくなって、しばらく周辺を登ったり下りたりして、ようやく道を見つけて先に進むことができました😅
そーして、ブナ林の始まり☆彡
 DSCN2824

 DSCN2826

 DSCN2831

大きなブナも出てきました
 DSCN2832

 DSCN2836

そうして、”ブナ太郎”に再会
車を停めたところから、4時間半かかりました
 DSCN2839

すでに3時を回っていて、日没前に下山するために急がなければならなりません。去年は登りと同じ道を下ったのですが、今回は一部周回できるルートがあるとのことだったので、電話で再度、役場の詳しい方に連絡を取って、その下山路を確認して、そちらの道を下りることにしました。
そのルート沿いにも、たくさんの見事なブナたちがありました
 DSCN2843

 DSCN2847

 DSCN2851

シカの群れが通った跡かな。。。
 DSCN2854

ただでさえ、踏み跡が不明瞭なところに雪が積もって、ルートが分かりにくく、かろうじて赤いテープを辿って進んでいましたが、途中から、不思議なことに雪の下のルートが見えてくるようになりました
ブナ爺さんたちが、無事に帰れるように手助けしてくれたのかもしれないな~
 DSCN2867
 
と言うことで、日没前に無事下山完了👌
今回は、全行程6時間半の山行でしたが、無積雪期に比べ、体力がかなり消耗した感じです
次回は新緑の時に来たいな~と思いますが、これでルートは完璧に身体で覚えたので、ご希望があれば冬期でもご案内いたしまーす
ただし、装備と体力は必須ですので

-10℃の朝。。。🐧

今朝はこの冬一番の冷え込みで、玄関前の最高最低温度計は、-10℃を差してました🐧
 DSCN2707

ちょっと寝坊したので、いつもより遅い朝のお散歩
 DSCN2712

 DSCN2713

畑もカッチンカッチンやぞー
 DSCN2709

お昼は、黄色くなりかけた最後のブロッコリーと本葛粉を使って、"日本そばの餡掛け焼きそば"
やっぱ、うまいわ
 DSCN2714

-10℃を乗り越えたミブナとコマツナの収穫
 DSCN2715

”身土不二”…暮らしている土地の気候風土やそこで育つ命・食べ物と、身体は一つ
 DSCN2718

 DSCN2716

ゆーはんは、牡蠣が安く売っていたので、畑のミブナ、下仁田ネギ、サントウサイ、ダイコン入りの味噌仕立ての”牡蠣鍋”、ラッカセイは秋に掘ったものを薪ストーブの上で煎りました😋 
あとは、お節の残りと、自家製の漬物3品👌
 DSCN2722

雪が降って❄、融けました🌞

昨夜から未明にかけて雪が降って、朝起きると、
 DSCN2699

北側の畑への道は、
 DSCN2704

畑は、
 DSCN2702

ランチは、カマンベールチーズ入りカルボナーラ&温野菜
 DSCN2705

日中の最高気温は3~4℃くらいと寒かったですが、北側の道路の雪も全部融けました
ゆーはんは、そば屋さん風の出しの効いた根菜と豆腐のカレー丼😋
 DSCN2706

フルお節、終了&お餅、お休み😁

今朝のご来光
 DSCN2685

ランチは、定番の酒粕酵母パン、酒粕粉チーズを使ったクリームシチュー、ブロッコリーとカリフラワーのフリッターと、差し入れの自家焙煎のドリップコーヒー😋
 DSCN2686

ご注文頂いたコマツナの収穫してから、霜除けシートを二重にして、
 DSCN2689

今夜から明日の未明にかけて、雪になるかもしれないので、トンネルが潰れないように支柱を1本増やしました👌
大雪になる場合は、更に補強します⛄
 DSCN2691

夕方、ラストお節のミニセットを、いつもパソコンのことでお世話になっている友人宅へお届けして、
 DSCN2692

ゆーはんは、元旦から食べ続けたお餅ですが、今日・明日はちょっとお休み
 DSCN2693

薪ストーブのレンガの上で、豆乳ヨーグルト発酵中の今宵です
 DSCN2694

冬は糠漬けをお休みする方も多いようですが、ダイコン、ニンジンなどおいしいので、継続してまーす
今夜は、おいしいと言う情報を得て、初のカリフラワー
 DSCN2697

ギャラリー
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!
  • 《自然農畑&スノーシュー・ツアー~真冬の森と大展望》募集中!